2006年08月06日

誰よりもママを愛す 第6話評価“これぞ『ザ・ホームドラマ』星4つ”

最初に出てきた警官役の山崎邦正は結局あれだけの出番で、何か意味が
あったのだろうか?なんてことをまったく忘れるような今日の展開であった。

こずえさん(小林聡美)が、先週自分の過去を嘉門家のみんなに話した
ことで、ちょっとらくになったのか、今週はかなり素直で、そして
黒い服を脱ぎ、いろんな色の服を着るようになった。部屋も片付いてたし、
お酒をまったく飲んでいなかったし、とても大きな変化を遂げたことにより、
今まで以上に嘉門家の中の膿出し役をしっかりと果たせるようになったと
いうところかな。

今回は、小学5年生の薫(長島弘宜)と、親友の知(川島海荷)2人ともが
親との関係から怒って家を出る。という誰でもが経験するような出来事を
対比的に描いていた。
知の両親は冷たくさめた夫婦関係そのままを象徴するような家庭を
作っていて、娘の友達である薫に対しても食事こそ出すけれど冷たい。
それに反して薫の両親は、知に優しく、温かく接してくれる。
まあ、ベタっちゃあベタだけれど、家の中ってやっぱり、両親の関係が
最も反映される場所なのだということを、改めて感じたりもした。

それとともに、子供が家にいられなくて出てしまったときに、受け入れて
もらえる場所があることの大きさ なんてものも感じたな。
知だって、家は冷たくても、ちゃんと行ける場所があってほんとに
良かったし、薫の方は、こずえさんちという第二の居場所まであって
ほんとに幸せだと思う。こういう愛を持った大人がいる行き場所を
持ってる子は、きっとグレたり夜の街の住人になんてならずにすむんだ
ろうな〜なんてしみじみと思ってしまった。

今回は相当にホームドラマの王道的な展開だったけど、まんまと泣かされ
ましたし、田村正和の「嘘ぴょ〜〜〜〜ん」はかわいかったしわーい(嬉しい顔)
相変わらず阿部サダヲはやっぱり綺麗で(玉鉄とのツーショット見て
思ったけど、ほんとに肌がキメこまかい!!ぴかぴか(新しい))、ストーリー
展開もスピーディーでとても良かったなわーい(嬉しい顔)

それにしてもママの本音を結局全部こずえさんに語らせてしまいましたかふらふら
って感じなんだけど、でもまあ、考えてみると、まったく同じことを
言うんでも、人間ある程度大きくなってくると、親が言うよりも、
子供が信頼をしてる他人の大人が言う方がよっぽど効力あるし、
子供の心にもストレートに伝わる。そこのところを脚本家はうまく
使ってるということかしら?
パパが言ってた「ライオンが崖から子供を突き落とす」ってのはやっぱり
女王の真矢と同じスタンスでママを描いてたってことなんだね。まあ、
いわんとすることはもちろんわかるし、パパがああいう甘い人だから
それでいいんだろうけど、そうなると逆にこんなに早くタネあかしを
していいものなの?って思ったり・・・ふらふら

まあ、来週からおにいちゃんもおねえちゃんもすごい展開になりそうなので
ここからは2人がほんとに自立する方向に向けてのお話になるってこと
かしら?

---------------------
視聴率 10.4%
---------------------
posted by まりりん at 23:23 | Comment(5) | TrackBack(8) | 誰よりもママを愛す
▲ページトップへ