2006年11月04日

土曜ドラマ『魂萌え!』 最終回 評価“面白かった!星4つ”

9時に始まってから、9時13分まで、ベテラン女優2人(高畑淳子・高橋恵子)
だけの緊迫した2人芝居に見入りました〜目
こういう演出ってやっぱりNHKならではっていうか、CMがないからこそ
出来るって感じがするし、女優さんてやっぱりすごいわ!ー(長音記号1)

いろんな意味で、 「女は強い」 
まあ実際に旦那さんに先立たれても、女性はその後返って活き活きと
生きてる人が多いっていうし、いくらでも強くなれるのも女性の特権かも。

夫が死んで初めて知った10年来の愛人の存在に苦しみながらも、
ある意味そのおかげで自分を主張することや、潔さ というものを
身につけて、どんどんと綺麗になっていく敏子(高畑淳子)と

反対に、いつまでも死んだ男、手に入れられなかった妻の座とかへの執着心
から抜けられずに醜い姿をさらし続ける愛人(高橋恵子)

この2人の対比が今回は見事に描かれていて、ある種の心の自由を
手に入れた敏子が、最後とても小気味よく、見終わってなんともいえず
すっきりした気分になれましたかわいい

劇中、自分の親に頼れないとなったら妻の親に頼って生活している
息子(山本太郎)に言った敏子のセリフ
「親の愛情を楯にとって利用するなんて、いい大人のすることじゃない」
ってのがすっごく印象的でした。そういわれたら子供は言い返す言葉も
ないわね。

それからカプセルホテルで唐突に登場したポストカード売りの女の子が、
精一杯すごんでみせるその姿に思わず笑い出して、「あなたには似合わない」
と、恐る恐る言うセリフも良かった。けして上から物を見て説教的に
言うのではなく、さりとて屈するのでもなく、短くて素敵なお説教だったなぴかぴか(新しい)
で、500円で買ったそのポストカードの、小道具としての使い方も
粋でした。

全3回だったのがほんとに残念なくらい面白くて、堪能できたドラマでした。

-----------------------
視聴率 10.0%
-----------------------


posted by まりりん at 22:49 | Comment(5) | TrackBack(4) | ドラマいろいろ
▲ページトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。