2006年11月11日

土曜ドラマ『ウォーカーズ』 第1話 評価“これまたおもしろい!星4つ”

NHKのこの土曜ドラマっつうのはなんですか?私が今まで知らなかった
だけで、いつもこんなにおもしろいものをやってたっつうことでしょうか?exclamation&question

前回の『魂萌え!』に続き、今回もまったく期待せずに見たら、
おもしろいじゃあ〜〜〜りませんか〜〜〜!!exclamation×2目exclamation×2
なにしろ出演者が豪華も豪華、なかなか特別ドラマでもないのに
こんなメンバーを揃えられるなんてことはNHK以外ではありえないでしょ。

江口洋介 戸田菜穂 原田芳雄 三浦友和 風吹ジュン 森本レオ ベッキー など

まあ今回、前半、つまり江口がお遍路に出るまではこれといった
おもしろさを感じなかったんですけども、お遍路に出てからですね、
一気に自然いっぱいのロケシーンも増えるし、各俳優さんたちが演じる
各キャラが動き始める。

会社の有給休暇を使って実家(田舎のお寺)に、フィアンセを連れて
帰ってみれば、父親は病気のためもうそう長くはないと聞かされ、
その父親を喜ばせるために「寺を継ぐ!」と嘘をついて、その修行の
ためにお遍路に出る息子が江口洋介。それを聞いたフィアンセ(戸田菜穂)は
自分は仕事を辞めたくないし、お父さんをただ喜ばせるためにあなたが
お寺を継ぐと嘘をついたなら、そういう嘘をつく人は嫌だし・・・と
結婚を白紙に戻したいような発言。それでも心優しきこの男は、とりあえず
お遍路の旅に出る。

その旅で同行する、2組の夫婦(三浦&風吹、森本&鷲尾)は、片や
自分の会社の元上司夫婦、片や謎のわけあり夫婦、そして、これまた
謎の若い女性と、ホスト風若い男。それプラス先達役の男性。
彼らはそれぞれが、それぞれの事情を抱えお遍路にやってきた。

江口がナレーションで最後に語った
『お遍路は、なんだかとっても人間たちが歩いています』
ってセリフがこのドラマのすべてを語っているというか、一緒にお遍路に
回る一期一会の人たちの人間模様がこれから展開していくのだろう。
来週も楽しみです。

---------------------
視聴率 10.1%
---------------------


posted by まりりん at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(2) | ドラマいろいろ
▲ページトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。