2007年08月05日

『パパとムスメの7日間』第5話評価“脚本最高!!星5つ”

2週間待たされたあげくに、バレー延長で更に30分待ちちっ(怒った顔)
真夏のTDLのシンデレラ城にならんだ時よりもキツカッたぜ〜〜 ふぅ〜っ遊園地

でもね〜〜〜〜ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
「待った甲斐があった」とは、まさにこのことぴかぴか(新しい)
いやもう、泣いて笑って鼻かんで あせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
心の琴線がふるえまくりの1時間だったもうやだ〜(悲しい顔)わーい(嬉しい顔)ー(長音記号1)

今回は1話・2話を担当した荒井修子さんがまたまた執筆。
3話・4話を書いた渡辺千穂さんも良かったけど、やっぱり心に響く
セリフとていねいさや繊細さの点では、荒井さんの方が好きだな〜ハートたち(複数ハート)

ジグソーパズルのごとく、無駄なくすきまなく、一つ一つの伏線が
次から次へときれいに貼りあわされていく感じっていうんだろうか、
パパ(外見舘ひろし)が最近ひげそりとか、髪の毛とかの身だしなみに
気を使い出したこととか(中身小梅だから当たり前なんだけど)を
不倫の影響と勘ぐらせたとことか、ほんと思わず震えたねー(長音記号1)
小さいことだけど、ピアスがポケットに入ってた言い訳も気が利いてて
おっ!って感じだったし、ママ(麻生祐未)の、一見平然として
いながらの端々での、チク チク と突き刺すイヤミも超リアル!!

逆に、「40過ぎても女として見てほしい」
「尻にしけるのは、愛されている自信があるからだから」
ってセリフがともかく良かった。演じてる麻生祐未も怒りと疑念に
満ちた怖い女から、パパの愛に触れ、乙女のような可愛い女の顔を好演。

前半は三者面談のシーンとかで結構笑わせてもらったと思ったら、
後半は一転、20年目の結婚記念日のエピソードに泣かされもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
そして、小梅(新垣結衣)の家を訪ねてきた健太先輩(加藤成亮)との
せつない純愛シーンに泣かされもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

そして最後は、ゾンビのごとくまたはいだしてきた(?)危険度MAXなOL
西野さん(佐田真由美)の奇襲攻撃と、伝説の桃を持ったおばあちゃんの
訪問という、次回への引っ張りも更に加速度アップ右斜め上で、
残りもいよいよあと2話のみ。
楽しみでもあり、淋しくもあり・・・


posted by まりりん at 23:01 | Comment(14) | TrackBack(22) | 『パパとムスメの7日間』
▲ページトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。