2008年02月23日

『フルスイング』最終回 評価“せつなく温かく星4.5”

今日は書くぞ〜〜〜!! フンガーダッシュ(走り出すさま)フンガーダッシュ(走り出すさま)
(鼻息の荒さを擬音化してみましたわーい(嬉しい顔)
まだ見終わったばかりなので、若干涙&はなをすすりながら〜たらーっ(汗)

まあ、結末どうなるかがわかっていただけに、どういう終わり方に
するのかが気になったところだったんだけど、入院してから は
思いっきりあっさりと、そして亡くなる瞬間は思い切ってばっさりと
描かなかったことで、校長の言っていた
「風のように駆け抜けた」感がより強く出てて良かったと思う。

あとはやっぱり最後の、森君が撮った写真。これがすっごく
いい写真を使ってたし、奥さん(伊藤蘭)に対して、確かに
多くのものをみんなに惜しみなく与えた証を端的に見せることの
出来るもの として最良の小道具だったなとかわいい

しかしまあ、なんといっても最終回は高橋克実の渾身の演技が
初回同様に光りまくってましたね〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

特に、電話で奥さんにガンであることを告げるシーン(ここは
それを受ける伊藤蘭の演技もうまかったな〜)
入院中の奥さんと2人での会話
「それからな〜  愛しとるぞ〜〜!」がもうなんともいえず
さらっとしていながら思いがこもってて泣けた泣けたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
(久々にこれほどの感動的なラブシーンを見ました)

で、極めつけはやっぱり卒業式後のホームルームでの長ゼリフの
シーン
なんか一瞬リアルでやってるのを見てるような錯覚さえ覚えて
しまいました。

最後の最後を明るくサラッと仕上げた演出も良かったし、ほんとに
良いものを見せていただき、どうもありがとうございました と
深々とおじぎをしたいくらいの気持ちです。



posted by まりりん at 22:28 | Comment(7) | TrackBack(4) | ドラマいろいろ
▲ページトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。