2008年05月10日

『ごくせん』第4話 評価“ちょい泣けて星3.8”

このドラマって、だいたい時間配分が決まってて、頭〜9時20分
くらいまでが職員室や大江戸一家関係を中心にしたコメディ。
そこから9時40分くらいまでが、生徒の事件勃発関係。そして、
9時45分前後に、ヤンクミの悪退治のクライマックスで、事件も
無事解決し、48分くらいには、ヤンクミが生徒からちょい小ばかに
されつつも、アハハハハ〜〜〜と笑いながら走り出して「♪大丈夫だよ〜〜〜♪」
がかかり出して、気がついたら生徒も走ってて終了〜〜〜カチンコ

って流れなので、こっちもそのつもりで見てたら、クライマックスの
はずの、悪退治が40分よりも前に始まったと思ったら2分ほどで
終了。しかも、ガード下で敵も3人ふらふら(それでもヤンクミは
律儀にゴムをほどいてメガネもはずしてましたけどもねわーい(嬉しい顔)

しかし、えっ、ええ〜〜〜〜〜っっ??!!もう終わりでっか?!目がく〜(落胆した顔)
なんというか、花火に火をつけて、火花を吹き上げ出したので
くるぞくるぞ〜〜〜〜〜って構えてたら、しけってたか何かで
シュルルルルル〜〜〜〜〜っと消えていった時のあの感触を思い出して
しまったどんっ(衝撃)

が、そこから始まったヤンクミ(仲間由紀恵)の説教は、ちょっと
長い目ではあったけど、山田優ちゃんが刑事に頭を下げてる映像とも
あいまって、思わず泣いてしまいましたよ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
たった2人の姉と弟の、お互いに相手を思う気持ちは、ウワバミの
ような口をした理事長(江波杏子)の強固な気持ちだって思わず緩めて
しまうのさ!いい気分(温泉)

ところで今日の教室でのシーンを見てて思ったんだけど、今回の
教室の内装って、壁の色が多くの生徒の髪の色と似てて、そのために
余計に生徒の顔がよくわからないっていうか、机も似たような色合いで
しかも制服が黒色なので、なんか内装とごっちゃになって見えて
しまうんだけど、これはどうにかならないものかね?
6月になったら生徒達は衣替えで上着を脱ぐのかなあ?白色が入って
きたらまた違う気もするけど、教室のシーンがどうも見にくいんだよね〜。

今回メインの三浦春馬くんは、最後にちょろっと笑ってた顔が
やっぱり一番この子にあってるっていうか、無理してすごむのは
この先はもう別にやらせなくてもいいんじゃない?


posted by まりりん at 22:37 | Comment(9) | TrackBack(8) | 『ごくせん』
▲ページトップへ