2005年12月06日

野ブタ。をプロデュース 〜きまくりの第8話!!〜

8wa.jpg野ブタ。をプロデュース公式ページ http://www.ntv.co.jp/nobuta/


いつもはビデオで観るのだけど、今回はリアルタイムでオンエアを
観た。しかし、ほんとにいいドラマというのはCMの間も絶対にチャンネルを
変える気にならないのだけど、やっぱり今回もそうだった。

今回は、テーマを完全に一つに絞り、そこに真犯人の正体明かしを
実にうまく絡めていたと思う。
そして、伏線の張り方、小道具の使い方も文句なしexclamation×2

そもそも、冒頭の“友達は何人か?”のフリが、そう来たか〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)
って感じで、何かもう8話のスーパーなおもしろさを暗示して
いたように思う。

けして全体的に重く、暗くなりすぎないように、ところどころで
ひょいっと軽く笑えるシーンの入れ方も、毎回ほんとに絶妙なの
だけど、特に今回はそれがすごく光っていた気がする。
この、バランス感覚そのものが今までの中で一番良かった。

修二が転落していく過程も、矛盾なく描けていたと思うし、
演じる亀梨君の演技も冴えていた。
だけどやっぱり、最後のおいしいとこは彰が持っていくんだな〜〜あせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

そして、いよいよ真犯人の正体が明かされ、修二はそこから
新たなる苦悩へと突入する8話は、残り2話に向けて
視聴者に対して、最高の期待感をあおれたと思う。

真犯人が本当に地獄に落としたい相手は、修二なのか?
それとも信子なのか?目
そして、そこには一体どんな真実が隠されているのか?
修二は、そんな魔の手から信子や彰を守りきれるのか?

さらに、プロデューサーの言う、3人の誰かに、何かの形で
訪れる“別れ”とは何なのか?

ラストに向かっての大加速が確かにはじまった。
posted by まりりん at 13:17 | Comment(2) | TrackBack(3) | 『野ブタ。をプロデュース』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
こんにちは!
コメント、ありがとうございます。

>ほんとにいいドラマというのはCMの間も絶対にチャンネルを
変える気にならないのだけど、やっぱり今回もそうだった。

野ブタは、本当にそうですよね。1時間があっといまに
過ぎます。

来週が早く見たいです!
Posted by GO at 2005年12月07日 11:21
GOさん、コメントどうもありがとうございます〜♪

ほんと早く次回が見たいけど、見れば確実に最後が
近づいてくるのも辛いとこですねえ。。。
でもやっぱり、どういう決着のつけ方をしてくれるのか?

きっとスタッフは今頃ほんとに不眠不休でみんなで
頭を抱えて考えていることでしょうね。
最後まで、このクオリティを保ったものを見せて欲しい
ですよね!!
Posted by まりりん at 2005年12月07日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

野ブタ第8話についてウザク語ってみる
Excerpt: 第8話。犯人もわかってモヤモヤ感がなくなってスッキリ。ずっと犯人考えてたもんだからさ。そんな訳で8話をまだ見てない方、犯人を知りたくない方はここから先はご遠慮下さい。今回ある事件をきっかけに修二はクラ..
Weblog: 過走行の旅〜車は10万キロから愛着が湧くのよ〜
Tracked: 2005-12-06 18:09

修二。をプロデュース/[野ブタ。をプロデュース]'05.12.3SAT
Excerpt: ■信じてもらうことも、信じることも難しい 日本テレビ系ドラマ[野ブタ。をプロデュース] 修二(亀梨和也/KAT-TUN)、彰(山下智久/NEWS)、信子(堀北真希)3人再び集まって、再結成を祝っ..
Weblog: TV姉さんの『アレコレ言っちゃうよ!』
Tracked: 2005-12-06 21:43

野ブタ。をプロデュース☆第8話
Excerpt: ついについに!!! 野ブタ。をプロデュース第8話の夜が参りました!!! 今回のタイトルは【いじめの正体】。 原作では最終段階だった場面です。 さぁ〜て一体どうなるんでしょうか?! いつも通り..
Weblog: ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)
Tracked: 2005-12-07 14:48
▲ページトップへ