2006年01月29日

喰いタン 第3話 評価“ほんと、しょうもないんだけどな〜〜、、、だけど”

なんだろう?このドラマ。このしょうもなさ。
ここまで来ると、もうドラマの作り方がていねいor雑とか、
映像がどうとか、ストーリー展開の矛盾とか、そんなもの
気にならないっていうのかな。

3話見ていて、あまりのしょうもなさっぷりをず〜っと
感じながらも最後まで見ている自分。そして、「こりゃ、もう
リタイアだな」と思わない自分にびっくりというか、
なんで?なんで?なんでこんなしょうもないドラマなのにexclamation&question
という不可思議さを感じるほんとに不思議なドラマです。

ふと思うのは、間違いなくこのドラマは一切なんにも考えずに
見れるドラマということ。推理ドラマ系なのに、犯人が誰か?とかも
気にならないし、コメディ的な部分がたいして笑えるわけでも
ないし、東山の語る“食”のうんちくも興味をそそられない。

ここまで頭をからっぽにして見れるドラマっていうのは、
ありそうでなさそうで、微妙なところのような気がする。
もちろん、ドラマの見方は人それぞれなので、このドラマの
しょうもなさが即リタイアに繋がってる人もそれなりにいる
こととは思うんだけど(とはいえ、初回よりも2回目の方が
視聴率が上がっていたふらふら

実際は、中途半端なドラマというのが一番嫌われるのかも
なんてことを思ってしまう。
やるなら徹底的に、ここまでしょうもなくしろ!と
言わんばかりのしょうもなさと、少なくてもこのドラマには
それなりのオリジナル性があるわけで、そこがうまく
マッチしてるのかも

個人的には、森田剛に中途半端なヒゲを剃っていただけたら
なお良いかと・・・あせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by まりりん at 14:16 | Comment(2) | TrackBack(1) | 『喰いタン』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
まりりんさん こんばんは!
私もまりりんさんと全く一緒ですね。
なぜこんなドラマが高視聴率??とばかり思っていました。
でも、同じくリタイアする気がなくて・・・。
ホント不思議なドラマですね。。。
Posted by モリリン at 2006年01月30日 20:45
モリリンさん、コメントどうもありがとうございました〜!
ほんとほんと、なんか不思議なドラマですよね。
やっぱ、食という人間の本能下に訴えるものを扱って
いるってことも関係あるのかな?
それでいて、クラシック音楽を使ったり、東山にすっごく
上品に食べさせたり っていう、優雅でゆったりとした
雰囲気もどこか人間の目に見えないところをくすぐってる
部分もあるのかもですね!
Posted by まりりん at 2006年02月01日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

喰いタン・第3話「テレビ局を食い荒らす」
Excerpt: こんばんは、モリリンです。 Gacktさんが雪山で遭難しそうになってたそうです。 詳しくは知りませんが、不思議なGacktさんらしい珍事件ですね。 人気blogランキング ←クリックお願いします! ..
Weblog: モリリンの芸能NEWS DIARY
Tracked: 2006-01-29 20:09
▲ページトップへ