2006年02月03日

神はサイコロを振らない 第3話 評価“私は好きなんだけどな〜〜”

このドラマ、深いお話だし、重くならないように小ネタとか
入れたバランス感覚もいいと思うし、私はとっても好きなんだけどな。
でも遂に、今週第3話目で、視聴率は一桁台に・・・ふらふら

まあでも原因があるとすれば、毎回焦点が絞りきれていなくて
更にスピード感もなく、「で、この先どうなるの?」っていう
ワクワク感を抱かせるつくりにはなっていないかなあと思う。

主役の出番もあまり多くなくて、それでいて、誰かに焦点を
当ててるわけでもなくて、言ってみれば“つまみぐい”のように
いろんな人をちょっとずつ描いていて、これがかなりの“ゆるい”
感覚を作り出してしまっているかも。

私の友人は、初回分のビデオを見ていて途中で寝たとか言ってたしあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

402便の乗客乗員は、ほんとはあと数日しか生きられないかも
しれないのに、その緊迫感みたいなものが全然なくて、
“のほほ〜〜ん”とした面が前面に出ているのが良くないのかも
とも思う。

でも、ほんとは作り手の方としては、そういう状況面ではなく、
それぞれの人間の内面的な部分を見て欲しいんだろうな〜と
思うし、少なくても私はそういう部分に一番の魅力を感じている。

やっちとあっちの友情、やっちとテツの愛情、テツとあっちの友情を
軸にして、他の乗客たちのそれぞれの事情と、残された日々の過ごし方。
そこにすごく興味があるんだけど、今のところは、
その残された日々の中での時間の過ごし方に、有意義さがなくて、
どんどん時間だけが過ぎて行ってるような、虚無感を感じて
しまって、それが結果“盛り上がりに欠ける”展開になっている
ような感じがするのも確か。

でも、やっちとあっち、やっちとテツ、それに菊坊も加わっての
かけあいのシーンはすごく好きなシーンが多いし、
今後の展開はやっぱり気になるし
最後まで見ること確定のドラマです。
posted by まりりん at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『神はサイコロを振らない』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
まりりんさん、こんばんは!
私も大好きなドラマなのに、視聴率が悪くてすごく残念です。
やっぱり理由は『盛り上がりに欠ける』ところでしょうね。
内容ですが、私も乗客の残された日々の時間のすごし方、少しどうかと思います。
あと少ししかないなら、残された時間をもった大切にした方がいいですよね。ホントただ過ぎてるって感じです。
キク坊がホームページ作っていたとは・・・来週も楽しみですね!
Posted by モリリン at 2006年02月03日 22:42
モリリンさん、コメントどうもありがとうございま〜す♪
モリリンさんと私は、ドラマを見る視点とかが似てるのかも
しれないですね。
あ〜、菊坊のHP(あまりにダサイあのつくり。。。)
でも、この終わり方でやっと初めて次回へのワクワク感を
出してくれた気もしましたね。
次回は、プロポーズなんかもあるみたいだし!(これが
リアルだったら複雑ですけどねえ)
楽しみな要素がやっといろいろ出てきたって感じで、
来週もはりきってみましょう〜〜〜〜!(笑)
Posted by まりりん at 2006年02月04日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
▲ページトップへ