2006年02月12日

喰いタン 第5話 評価“結局やっぱりおもしろいってことかな”

この手のドラマはやっぱり“今”を取り入れて
こそよね ってことで今回はバレンタインに
ちなんでのチョコレート というか実際は、
チョコレートケーキ三昧でしたけど

なんか、よ〜〜くよ〜〜く考えてみたら、
今回の事件てつまりは何だったの?
事件よりも五十嵐と娘の黎ちゃんのお話の方が
完全にメインになっていたためどうもよく
見えなかったんだけど・・・ふらふら

自分のことを忘れられてたっていう理由だけで
人を2人も殺して、なおかつほんとは3人目も
殺してたかも だったわけだけど、
その内容のない事件も事件なら、

犯人との格闘(と言っていいものかどうか・・ふらふら)も
これまたあまりにもなんじゃそりゃあ〜〜??ちっ(怒った顔)
なドタバタ劇でしたね。

まあ、このドラマってこういうのありなんだから、
それにいちいちツッコんでられないのは毎度のこと
ですけど、それにしても他の警察官が誰も来ない
なんてことありえませんから〜〜〜手(パー)

でも、今回の桃ちゃんは、人としてのやさしさと、
男相手でも勝てるくらいの腕っぷしの強さを
見せてくれて、怒鳴ってるだけじゃないんだってのが
わかってよかったよかったわーい(嬉しい顔)

なんかもしかして、今期一番楽しんで見てるのって
このドラマなのかも って気がしてきました。
posted by まりりん at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『喰いタン』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
▲ページトップへ