2006年02月19日

白夜行 第6話 評価“演技と演技のぶつかりあいに引き込まれます”

武田・渡部両氏の鬼気迫る演技は毎回のみどころの
一つでもあると思うけど、
今回の演技王はなんといっても麻生祐未ですね。

出番はそれほど多いわけじゃないんだけど、
笹垣、古賀両刑事に責められるシーン、探偵事務所で
松浦調査を依頼するシーン、松浦の家でのシーン

そのくらいだし、セリフもそれほど多いわけじゃ
ないんだけど、いずれの演技もすっごく“うまいexclamation×2
けして大げさだったり、不自然でなく、表情で見事に
心情をあらわしてるんですよねえわーい(嬉しい顔)

今回は、亮司と雪穂の2人中心からほんの少し外にもひろがり、
松浦という哀しい男の人生をうまく絡めていたのと、
古賀の辛い死に方と、松浦の死に際の姿にも、見ていて
とても感情移入できたし、いろんな角度からみごたえが
あってすごく良かったと思った。
私の中では、初回に続く良い回だったな。

だけども、やっぱり亮司は変装もせず、素で、街を
歩きすぎでしょ。銭湯にまで行っちゃって、ちょっと
信じられないくらい無防備ですよね。
なんか意図があるのでしょうか?よくわからないんだけど、
気になります。

しかし今期のドラマは、こんな風に役者さんたちの
演技のぶつかりあいを見せてもらえるドラマが多くて、
すごく楽しいですね。まあ、中でもこのドラマは、群を抜いて
いるとも思うけど、来週がますます楽しみです。



posted by まりりん at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『白夜行』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
白夜行は演技が下手で気になってしまう役者さんが1人もいないので素直に物語の中にはいっていけていいドラマだとおもいます。
Posted by なな at 2006年02月19日 13:54
ななさん、はじめまして!
コメントどうもありがとうございました〜♪
ほんと、下手な人が1人もいないっていうだけじゃなく、
群を抜いて上手い人が多いから、物語そのものに集中
出来て、映画に近い完成度を感じますよね。
おかげで見終わった後しばらくは、いろんなシーンが
頭から離れません。そのくらいすごいドラマだと思います。
今週も楽しみですね!
Posted by まりりん at 2006年02月20日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
▲ページトップへ