2006年02月21日

西遊記 第7話 評価“今までで一番良かった”

今回は、悟空が今までほどうるさくなかったし、
全体的な流れもスムーズで、適度にハラハラさせるところも
あったし、何より根幹の福永国の王妃、蓮歌(手塚理美)の
エピソードがしっかりしていて良かったと思う。

この蓮歌のエピは、大島弓子の『秋日子かく語りき』という
漫画を彷彿とさせる話で、家族を思う気持ちがストレートに
出ていて、ちょっと泣けたりもしました。

まあ、悟空の中に王妃の霊魂が入り込んでの、悟空と王妃の
丁々発止を香取慎吾が1人芝居するシーンは、ちょっと痛かったふらふら
けれども、妖怪との戦いのシーンでの、説教のセリフは
なかなか良かったし、いつもよりも短い目になってたのも
とても良かったと思う。

何気に今回は、老子の出番もいつもよりもちょっと長かった
ようにも思うし、今くらいになってやっとこのドラマも
いい流れが出てきたなあという気がします。
この流れで最後までいって欲しいと思います。
posted by まりりん at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(3) | 『西遊記』
▲ページトップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

【西遊記】第7話「幽霊の国」感想
Excerpt: 【西遊記】(フジ・月9ドラマ) 最近、この一行が本当に天竺に着くのか疑問に思ってきた。 果たして、1クールで着けるのだろうか。 天竺はまだまだ遠いぜ!⇒「未完!」、というパターンっぽいなぁ。..
Weblog: 鴎の行くままに 〜とあるTRPG者の呟き〜
Tracked: 2006-02-22 02:11

「西遊記」(第七巻:幽霊の国)
Excerpt: 今回の「西遊記」は、何かと怪しいお寺を訪れて…、というところから始まる。 今回は「死」というテーマが前面に出ていたように感じた。 妖怪と対決するときに悟空が発した、 命の価値は長さじゃねぇ。 いつ..
Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記
Tracked: 2006-02-24 00:49

『西遊記』第七話(その四) −冥界と現世の狭間で−
Excerpt:  汝、生と死の間に何を見ん。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ということで今回も『ここ、もうちょっとは考えようよ…』というポイントを指摘したい..
Weblog: GOlaW(裏口)
Tracked: 2006-02-26 19:14
▲ページトップへ