2006年07月02日

吾輩は主婦である 第26話〜第30話 ひたすらにおもしろすぎる〜〜!

ヤバい!最近、人と話してて、たまに「吾輩は、そうは思わんがな」
とか言ってしまってる時がある!がく〜(落胆した顔)
しかもヤバい!最近、ミッチーがかなりいいかも揺れるハートとか思い始めてる
自分がいる!がく〜(落胆した顔)
ブルルルルル〜〜〜〜!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)まさに『吾輩色』に染まっている
そんな今日この頃。

それにしても吾輩(漱石)はまったくもって、誰に対しても横柄で横暴だ。
わがまま極まりないし、思いっきりの「何様?」状態。
なのに、家族をはじめとして、彼女の周囲の人間はみんな、そんな困った
ちゃんの吾輩なのにちゃんと受け入れ、とっても愛してる!
そこがなんともいえずいいんだな〜〜〜。特にみどりの夫たかしは
ちょっと触っても、殴られ蹴られ(いや、蹴られてはないかふらふら
ともかくあんまり好かれてないのに、それでも「みどりちゃん」と
呼びながら変わらず愛し続けている!黒ハートなんと美しい!!ぴかぴか(新しい)
なんと素晴らしい夫婦愛!家族愛なんでしょ!!ハートたち(複数ハート)
ってことも、ガハガハ笑いながらの合間に感じさせてもらえる、
ほんとに素敵なドラマです。

それでは、今週分、印象に残ったところだけをかいつまんで

--------------------------------------

 第26話 『ゆきお』 「ミュージカルに小松が〜っ!やす子が〜っ!」

この回は、ゆきおがつぼみにうまく別れ話を切り出せるように、吾輩が
ミュージカルをやることを思いついたわけだけど、そこへのつなげ方が
うまかったな。
で、メインのミュージカル。天使役の小松が何気に笑えた!わーい(嬉しい顔)
やす子は悪魔(似合いすぎ)、そして、ミュージカルは、ゆきおが
優柔不断でものごとを自分で選べないという主旨の歌詞なんだけど
るんるんパンとライス選べない
 チキンとビーフ選べない
 タッキーと翼選べないるんるん
ここのフレーズが耳についてしばらく離れませんでしたふらふら
でもって、ラストが、ゆきおの奥さんをやる予定で、鹿鳴館みたいな
ドレスを着てずっと外で待機してたちよ子が、「みどりさん、私の
出番まだ?」って入ってきたオチ最高!!グッド(上向き矢印)
その格好で、外でずっと待ってたのかと思うと、どうにも笑えましたわーい(嬉しい顔)

 第27話 『ねがい』 「夜しずか登場!」

吾輩の横暴ぶりはどんどんと加速する。そして暴言も吐きまくり
喫茶「ジャンバルジャン」でパート中、つぼみが店をやめ、忙しくなった
みどりに、ゆきおは次々と仕事をさせる。
で、イライラしてる吾輩にゆきおが「みどりちゃん灰皿たまってるよ!」と
言った次の言葉が「やかましいわ!!変態!!!パンチ
相手は仮にも雇い主です。。。

そして、パソに向かって執筆中のみどりに、「何書いてるの?」と
のぞきこもうとしたたかしに、 「見るな!ゲス野郎!!」(裏拳つき)
たかしさん、ほんとにお気の毒。

そしてマンションを買おうとする相手は、夜しずかという100万部も
売れてるような人気作家。で、マンションを売る・売らないで
もめてる時の、ひばちを持った小松が何気に笑えましたわーい(嬉しい顔)

 第28話 『マンガ』 「ペヤングン韓国語ヘタっっ!」

この回、一番笑えたのは
吾輩「ご飯食べないで死んだやつはいない!」
まゆみ「いるよ!」
このあっさりしたやりとりが妙におかしかったわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ちよ子たちが韓国旅行に行ってる間に、ペヤングンが矢名家にやって
くるというすごい話どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
それにしてもペヤングンの韓国語よりもミッチーの方が発音が良く
なかった?
それにしても、マンガおげれつ吾郎の『おならスースー鈴之介』の
初版本が300万てふらふら

 第29話 『しずか』 「しずかが吾輩の書生にっっ!」

この回の笑いどころはなんといっても流しソーメン。
ベランダを流しソーメンの終着点にしてて、一応流れてきたお水や
ソーメンを受けるバケツみたいなのを用意してるのに、なぜか
すべてはベランダの外に落ちていく。しかも、水の流れが速すぎて
誰1人、ソーメンをまったく取ることが出来ない。
それでもそのまんま最後までやってしまってるってのが笑えたし、
あとでみんなで道路のところに落ちたソーメンを回収に行ってるってのが
また笑えたわーい(嬉しい顔)

で、「ほらほら、あれが最高記録だね!ははは!」って笑い
ながら、他人の車のフロントガラスのところに張り付いてるソーメンを
見てほがらかに笑うってオチがまた最高!!かわいい

そしてこの回は、次回作が書けないしずかに吾輩が言ったセリフ
「書きたいものがないということは、書く必要がないということだ。
満たされてるということだよ。それは人間としてすこぶる正常で、
幸せなことなんだ」
ちょっとウルッときましたね〜〜もうやだ〜(悲しい顔)いいこと言うわ、吾輩!

 第30話 『サイン』 「猫ひろしが〜〜〜〜っっ!」

金曜日、最高に笑えたのは、吾輩とちよ子が一緒にご飯を作ってる時に、
ちよ子が、「どけどけ、のろまな嫁〜〜〜!!トンカツが通るよ〜〜!」って
ちょっとキツイこと言ったあとの吾輩の一言
「あと5回は殺してやる〜〜〜!!!」
ま、小説とはいえ、ちよ子を殺してしまった吾輩が悪いんだけどねわーい(嬉しい顔)

みどりの本の発売日、デカイ本屋に様子を見に行ったら、ない!ない!
で、店員に聞いてみると「吾輩は主婦である」ってタイトルを何度
言っても「猫でしょ?」誰に言っても「猫でしょ?」
で、小松の地元のサイン会は、なんと猫ひろしとの同時開催。
でも、誰もみどりのところには並んでなかったのに、家族+五十嵐君が
やってきたところは、ちょっとウルッもうやだ〜(悲しい顔)
前日からの家族パワー、すてきだね。

--------------------------------------

それにしても、何度も言うけど、斉藤由貴の演技力がともかく素晴らしい!
宮藤官九郎が大ファンだったから抜擢したってことらしいけど、
この役を他の女優さんがここまでやれるとはちょっと想像つかないくらい、
ほんとにうまい!!!

あと残り10回かと思うと、なんかものすごく淋しくなってくるのですが、
どんな結末に持っていくのかさっぱりわからないところが、とっても
楽しみなところでもあります。


posted by まりりん at 14:00 | Comment(6) | TrackBack(7) | ドラマいろいろ
▲ページトップへ
この記事へのコメント
まりりんさん、こんばんわ!
いや〜楽しいですよね。もうこのドラマを見ることが日常になってきてますよ。
今回もちゃんとミュージカル場面あったし、
夜先生というおもしろい役も増えたし・・
あと二週間楽しみましょう!
Posted by きこり at 2006年07月02日 21:02
きこりさん、こんばんは!いつもありがとうございます!

私もすっかりと日常と化してます。てか、このドラマが
あるので、午後1の動きが取れにくいってところもある
のですが、やめられません!(笑)

夜先生ね〜〜〜〜。あれにはほんとに騙されたわ。
クドカン本人の顔をよく知らないんですよ、もともと。
だからてっきり本人だと思ってしまったのですよ。
ここからまたまた事態が大きく変わっていきそうですね。

はい、思いっきり楽しみましょう!
では、またよろしくお願いします〜!
Posted by まりりん at 2006年07月02日 22:31
こんばんわ♪

吾輩って とても子供なんですよねー。
思ったことが口に出る。
そして、口に出ないときは顔に出ると(笑)。
それぐらい純粋に生きているということでしょうかねぇ?
物事をハッキリ言うことで、状況がややこしくなる時がありますけんど
その姿が観てて羨ましかったりもします。

夜しずかに言った台詞はワシも とても染みましたよー。
Posted by 青いパン at 2006年07月02日 22:55
青いパンさん、こんばんは!いつもありがとうございます!

>それぐらい純粋に生きているということでしょうかねぇ?
なるほどね〜〜〜。青いパンさんはいつも鋭いところを
突いていらっしゃいますね〜。まあ、ここまで思うままを
口に出来たりしてたら、はっきりいってみどりちゃんには
戻りたくなくなるかもですね(笑)

>夜しずかに言った台詞はワシも とても染みましたよー。
なんか時々、ものすご〜くいいセリフがありますよね〜。
そこがまた魅力だったりするんだけど、
え?え?それよか ワシって え?青いパンさんて、
男性なんですか?まあどうでもいいんだけどずっと女性の
方だと思ってたんでちょっとびっくりしました。
そんだけですけど(笑)

では、またよろしくお願いします〜!
Posted by まりりん at 2006年07月03日 00:34
まりりんさん、こんばんは〜。
今週も(もう先週になっちゃったけど)面白かったですね〜。
もう書き出すのが大変(^_^;)
吾輩がみどりに戻った時、「そうだった。この人はみどりだったんだ」と思うくらい、斉藤由貴さんは吾輩になってしまっていて…。
ラストにはやっぱり戻っちゃうんでしょうかね。
なんて、あと2週あるんですもの。まだそんなことを考えるのは早いかな(^^)

Posted by ミマム at 2006年07月03日 00:45
ミマムさん、こんにちは!いつもありがとうございます!

>もう書き出すのが大変(^_^;)
ミマムさん結構細かく書いていらっしゃいますもんねえ!
すごいわ!!私もさすがにちょっとメモを取りましたけど、
それでもほんとにちょっとだけ

>斉藤由貴さんは吾輩になってしまっていて…。
ほんとに板についてますよね〜。たまにみどりに戻ったら
そっちの方が違和感あったりして(笑)
でも切り替えとかも場面見ててもほんとにうまいなと。

ラスト、どうなるんでしょうねえ。小説家としてそれなりに
成功するのかどうかも気になるところだし。
ともかく目が離せませんね。

では、またよろしくお願いします〜!
Posted by まりりん at 2006年07月03日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「吾輩は主婦である」第26話〜第30話(第6週)
Excerpt: 今回は、マスターゆきお祭りです!誰がなんといおうと、ゆきお祭りですよ!☆(≧▽≦)☆第26話で笑い転げました。今までの感想はこちらです。TBS「愛の劇場 吾輩は主婦である」公式ホームページ←要チェック..
Weblog: 読書とジャンプ
Tracked: 2006-07-02 20:16

「吾輩は主婦である」29話・30話
Excerpt:  MSに行くと、ベランダに足をかけて飛び降りようとしている夜先生(高橋一生)と 遭遇した漱石(斉藤由貴)。 お互いに固まったまま一時間が経過。 結局おにぎりを食べて落ち着く二人。 「書きたいも..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-07-02 21:04

「吾輩は主婦である」27話・28話
Excerpt:  つぼみ(能世あんな)が辞めたせいでジャンバルジャンでの漱石は 大忙し。おまけに小説の方も中々進まなくてイライラ。 たかし(及川光博)も漱石との生活に疲れてきてイライラ。  そんな時、MSを買い..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-07-02 21:05

「吾輩は主婦である」26話
Excerpt:  真夜中に突然嵐と共に現れた男ゆきお(川平慈英)。 「オマエかよ!」漱石 どうしても、相談したいことがあってやって来たというゆきおだが・・ 「実は・・・・ごにょごにょごにょ・・・」 「えっ?!..
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2006-07-02 21:08

『吾輩は主婦である』第6週(第26話〜第30話)の感想。
Excerpt: ◆TBさせていただきます◆『吾輩は主婦である』第6週(第26話〜第30話)の感想です♪ ゆきおが“タッキーと翼”を選ぶ必要はないと思います(笑)。
Weblog: まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
Tracked: 2006-07-02 23:02

吾輩は主婦である 26話〜30話
Excerpt: 第26話「ゆきお」 バイトを辞めてほしくなくてつぼみと関係を持ってしまったというゆきお。 前妻とよりを戻したいゆきおは、それ以来、バイトを辞めずにゆきおに執着している つぼみと別れるにはどうした..
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2006-07-03 00:45

「吾輩は主婦である」 6週目 (第26話〜第30話)
Excerpt: すこぶる面白い!(←吾輩口調で) この週は、今までにも増して笑いどころが満載でした。 クドカン脚本は中盤が一番面白いという説もありますが(笑)、 是非ラストまでこのままの勢いを持続して欲..
Weblog: THE有頂天ブログ
Tracked: 2006-07-08 22:52
▲ページトップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。